Imperial Broadcast Sistems

Powered by ミセつく
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.28 軍幹部3名が逮捕
≪軍幹部3名が逮捕≫
本日未明、軍機密事項記載の資料を軍施設外へ持ち出した容疑で軍幹部3名が逮捕された。
逮捕されたのは、首都防衛軍管区所属の陸軍大佐エドワード・ウォーターランズ、陸軍少佐ケーラー・ウィストン、陸軍少佐ジョン・アダムスの3名。
現在取調べが行われてる中で、持ち出した理由等は聞き出せていない模様。
スポンサーサイト

2008.05.25 駐グダニスク大使館、新駐在武官就任
≪駐グダニスク大使館、新駐在武官就任≫
駐グダニスク大使館の駐在武官、エドワード・ルドルフ中佐が3年の任期を終え帰国し、新たにバーランド・ヴェスパリ少佐が駐在文官に就いた。
ルドルフ中佐は帰国後、帝国軍首都防衛軍管区西部大隊隊長に就任するとの事。

2008.05.15 [祝]戴冠式開催
[祝]戴冠式開催

昨日5月14日、クィンヘルム宮殿において、新帝ファウデシウス1世の戴冠式が執り行われた。
最初に、ハルメス皇太后より、ファウデシウス皇子へと「グルガン王の冠」が戴冠され、正式にヴァストーク皇帝の位に就かれた。
今回の戴冠式には、カアルハセヤ皇帝陛下、総理大臣、グダニスク連邦アーノルド駐ヴァストーク大使等、各国首脳が参列なされた。
これに対し、新帝陛下は、謝辞を述べられ、閉式された。
閉式後、新帝陛下はサラピア皇后陛下と共に首都クィンヘルムの宮殿前通りをパレードなされ、国内は祝賀ムードに包まれた。

皇帝陛下は、本日夜にもカアルハセヤ皇帝ペイシェンス帝陛下と対談なされる模様。

2008.05.13 宇宙関連庁、衛星四基の打ち上げ成功を発表
≪宇宙関連庁、衛星四基の打ち上げ成功を発表≫
宇宙関連庁、トゥーム長官は今日、気象衛星「ラドゥⅡ」、観測衛星「エメルα-Ⅰ」、迎撃衛星「ハルメス」、防衛衛星「ミシェコд-Ⅰ」の計四基の衛星打ち上げが成功したことを発表した。
また、今月中にも軍事衛星「ミシェコм-Ⅰ」の打ち上げを行う予定。

2008.05.11 資本家二人が鉱山開発に着手
≪資本家二人が鉱山開発に着手≫
国内でも代表的な資本家、レイチェル・マトソン氏とフィリップ・ドレイクソン氏が共同資本会社の「レイチェル&フィリップス」を設立。
現在国内にある山地において、鉱脈調査を開始する模様だ。
鉱山開発に成功すればR&P社は莫大に利益を手にする事になる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。